希望を事前に考えておこう

1人暮らしをするなら、そこまで広い部屋でなくても良いですし部屋数も少なくて構いません。 ですから、ワンルームを選択する人が増えています。 ワンルームだったら家賃も安いので、経済的な負担を削減できる面も嬉しいですね。 しかしワンルームにもデメリットがあるので、把握してください。

位置や大きさを確認する

大きな窓があったり、たくさん窓があったりすると太陽の光が部屋まで届き明るくなります。 部屋の間取りを調べる時は、窓にも注目してください。 窓が少ない部屋では、生活を送りにくくなってしまいます。 部屋を探すなら、遠慮しないで不動産会社の力を使ってください。

キッチンの設備に注目

料理が好きな人は、キッチンの間取りにこだわって部屋を探すのがおすすめです。 キッチンが狭かったり、収納スペースが少なかったりすると作業効率が悪くなってしまいます。 良い部屋を紹介されたら、不動産会社のスタッフと一緒に見学して自分の目で確認しましょう。

部屋の大きさを最初に確認

ワンルームだと、1つの部屋にキッチンやリビングが備わっています。
生活導線が短くて済みますし、駅に近い部屋も多いです。
何より部屋数が少ないので、安く借りられる面が大きなメリットですね。
部屋を借りたいけれど、予算を多めに確保できないという人はワンルームを探してください。
ただこの間取りだと、料理をした時に臭いが部屋中にこもってしまうデメリットもあります。
また部屋が狭いので、必要な家具や家電を置けないかもしれません。

さらに、窓があるかも確認しましょう。
窓がたくさんあると太陽の光が入ってくるので、室内が明るくなります。
夏は風通しを良くすることで、部屋全体を涼しくすることにも繋がります。
窓の位置も、間取りをチェックする時のポイントだと覚えておきましょう。
不動産会社に相談することで、希望通りの良い部屋を紹介してもらえます。
自分1人の力だけで見つけるのは難しいので、たくさん情報を持っている不動産会社の力を借りてください。

料理が好きな人は、キッチンの設備にこだわっても良いですね。
キッチンが広いところだと、スムーズに作業が進みます。
またキッチン周りに収納スペースが多い部屋もあるので、たくさん調理器具があってもしまえるでしょう。
ただ家賃が高くなったり、築年数が古くなったりするかもしれません。
不動産会社から気になる部屋を紹介してもらったら、見学に行きましょう。
すると本当に自分が希望している部屋なのか、目で見て確認できます。

▲ TOPへ戻る